孤高のレシピ

~おひとりさま・小家族のためのお品書き控え~

パスタ 洋食

ワンポットでもできる「チキンとマッシュルームのクリーミーソース」

投稿日:

SPONSORED LINK

見た目は本格的なパスタ料理

自宅でパスタを食べるときは、レトルト食品に頼ることが多いと思います。
レトルト食品も種類が増えたとはいえ、売られている大半は定番のカルボナーラやミートソース、明太子ソースなどで占められていますよね。
今回は定番ソースからは少し外れて、贅沢だけどワンポットで出来る「チキンとマッシュルームのクリーミーソース」にチャレンジ。
食材を確認すると、100ショップで手に入るものや代用がきくものばかりで、見た目ほどハードルは高くないレシピです。
ちょっと本格的なパスタ料理にチャレンジしたくなったときにいかがですか。

出典:Youtube

レシピ

食材

4人分

材料:
オリーブオイル 大さじ3
鶏むね肉(ひと口大)680g
玉ねぎ(角切り)1/2個
塩・コショウ 少々
マッシュルーム(薄切り)2カップ
にんにく(みじん切り)3片
タイム 小さじ1
パプリカパウダー 小さじ2
チキンスープ 4カップ
生クリーム 1カップ
ファルファッレ 450g
ベビーほうれん草 140g
パルメザンチーズ 1カップ

作り方
1. 鍋にオリーブオイル 大さじ2をひいて中火にかける。鶏むね肉を入れて塩・コショウをふり、肉に火が通るまで炒めたら、皿などに取り出しておく。

2. そのままの鍋にオリーブオイル 大さじ1をひき、玉ねぎを加えて1-2分ほど炒める。

3. 玉ねぎが透き通ってきたらマッシュルームを加え、塩・コショウ、タイム、パプリカパウダーを加えてさっと炒める。

4. チキンスープと生クリームを加えてひと煮立ちさせたら、ファルファッレを加える。時々かき混ぜながら規定時間通りに茹で、アルデンテに仕上がったらほうれん草を加えてさっと混ぜる。パルメザンチーズを加えてひと混ぜしたら皿に盛る。

5. 仕上げにパルメザンチーズをかけたら、完成!

(以上、出典先:Youtubeより抜粋)

実際に作ってみた

今回はこのレシピのために買い足したものや代用したものがそれなりにありましたが、ほとんどが100円ショップで手に入るものばかりです。
タイムパプリカパウダーチキンスープの素生クリームファルファッレ100円ショップで手に入れることができました
ベビーほうれん草冷凍食品のほうれん草で、生のマッシュルーム缶詰のマッシュルームをそれぞれ代用しました。
ベビーほうれん草や生のマッシュルームなんて独身世帯にあるわけない食材ですからね。
一番の問題
直径20㎝、高さ15cm位の鍋でレシピ通りの分量を調理すると、かき混ぜるときに一苦労することとなります(実際に苦労しました)。
そのため、レシピ通りの分量で調理する場合は少なくとも直径20㎝、高さ15cm以上の鍋を使用するようにしてください。
手持ちに大きい鍋やフライパンがない場合分量を調整して調理してくださいね。

あとはレシピ通りに作っていくだけです。
それでは手順を追っていきましょう。

  1. 鍋にオリーブオイル(大さじ2)を入れて中火にかけ、鶏胸肉を入れて塩・コショウで味付けし、鶏胸肉に火が通ったら皿などに移します
    このとき鶏胸肉に火を通し過ぎないようにしましょう。
    また鶏胸肉の切り分ける大きさですが、ファルファッレの大きさと同じくらいが食べやすい大きさだと思います。
  2. 鶏肉を炒めた鍋は洗わずに、そのままオリーブオイル(大さじ1)を加えて、玉ねぎを炒めます。
  3. 玉ねぎが透き通ってきたらマッシュルームを加えて、にんにくのみじん切り塩・コショウタイムパプリカパウダーを加えてさっと炒めます。
  4. チキンスープの素生クリームを鍋に加えてひと煮立ちさせたら、ファルファッレを加えます。
    この時点で直径20㎝、高さ15cm位の鍋では容量オーバーの2歩手前くらいです。
    時々かき混ぜながらファルファッレを規定時間通りに茹でていくのですが、かき混ぜるのに一苦労しています。
    くれぐれも使用する鍋は大きめに!
    鍋がない場合分量を減らして調理してくださいね。
    ファルファッレがアルデンテに仕上がったら、ほうれん草最初に炒めた鶏胸肉を加えてさっと混ぜて、さらにパルメザンチーズを加えてもうひと混ぜしたら皿に盛りつけます。
    ちなみにほうれん草と鶏胸肉を加えたときは鍋から中身が溢れんばかりになっていました。
  5. 仕上げにお好みの量のパルメザンチーズをかけて完成です。

パルメザンチーズはよくカルボナーラを作るときに使用しますが、1カップという量を使用したのは今回が初めて。
いくら4人前とはいえ、仕上げで追いパルメザンをするのでカロリー完全無視のレシピですね、これ・・・。

実際に食べてみた

仕上がりが何とも本格的でワンポットで作っているとは思えません。
もっと言えば、100円ショップで集めてきた食材で作っているとは思えません。
やればできるもんですね!

早速一口食べてみると・・・、美味くないわけないですよ、これだけふんだんに食材使っていれば!
香りの面でもいい感じ!
パルメザンチーズの臭いが気になる方もいらっしゃると思いますが、ほとんどパルメザンチーズの臭いはしません。
パルメザンチーズは味の方にだけ出ていて、いいとこ取りしています。
濃厚だけどしつこくないソースで、淡白な鶏胸肉にはピッタリです。
今まで作ったワンポットパスタの中では最も上品な味ですね。
しかも鶏胸肉が盛り付けたプレートに所狭しと転がっていて、ほうれん草の緑が彩りを豊かにしています。
食卓にに置いただけでとても贅沢な気分ですね。
今回はパスタをファルファッレにしていますが、ペンネでも全く問題ないと思います。
個人的にはこの濃厚ソースを普通のスパゲティで食べてみたくなりました。

カロリーは凄いでしょうけど・・・。

まとめ

今回は少し贅沢気分を味わいたくて、見栄えのするパスタ料理を選択してみました。
それでもワンポットで出来ること100円ショップで食材が手に入ることから、手軽さの面では単身者や料理初心者でも十分においしく完成まで行きつけるレシピだと思います。
ちょっとリッチな気分を味わってみたいときに試してみてくださいね。

スポンサーリンク

-パスタ, 洋食
-, ,

執筆者:

関連記事

簡単レシピ!パスタでつけ麺を作るとこうなる『ジェノベーゼ風つけ麺パスタ』のレシピ

SPONSORED LINK パスタでつけ麺は成り立つのか? 今回はパスタを使ったつけ麺、『ジェノベーゼ風つけ麺パスタ』を作ってみました。 つゆはありがちな「トマトソース」ではなく、「バジルソース」を …

簡単レシピ!寒い季節にピッタリのパスタレシピ『きのことベーコンの簡単クリームパスタ』

SPONSORED LINK クリームソースのまったりパスタレシピ! 今回はクリームソースのパスタ「きのことベーコンの簡単クリームパスタ」を作ってみました。 もちろん難しい手順無しのワンポットパスタ! …

簡単レシピ!器一つで「グラタン風♪マカロニチーズ」を作ってみた結果・・・。

SPONSORED LINK マカロニチーズは本当に器一つで作ることが出来るのか? 今回はフライパンもコンロも使用せず、使用する器も一つだけで『グラタン風♪マカロニチーズ』を作ってみました。 マカロニ …

簡単レシピ!電子レンジでつくる「分厚いタマゴサンド」は美味しいのか?

SPONSORED LINK タマゴサンドを手軽に作る スタンダードなサンドウィッチの中でも、人気が高いタマゴサンド。 タルタル風や卵焼き風などバリエーションも豊かなタマゴサンドですが、今回は分厚い卵 …

懐かしのナポリタンを簡単にふっくら仕上げる

SPONSORED LINK ナポリタンは不意に食べたくなるパスタ 日本人だからなのか、なぜか急にナポリタンが食べたくなる時がありませんか? ケチャップの香りとモッチリしたパスタ。 あわせて読みたい記 …

サイト内検索