孤高のレシピ

~おひとりさま・小家族のためのお品書き控え~

お肉料理

簡単レシピ!暑い日にピッタリな柔らかすぎる鶏肉料理の作り方

投稿日:2017年5月1日 更新日:

SPONSORED LINK

名前からして涼しげな推奨鶏

何かおいしそうなレシピはないかなあと探していたら、「水晶鶏」なる料理を見つけました。
名前もどことなく涼しげですが、見た目はもっと涼しげです。
しかし、鶏胸肉を使っていることもあり、冷めると肉が固くなるのではないかと心配しつつ、
チャレンジしてみました。

出典:Youtube

レシピ

食材

・鶏むね肉 1枚
・塩 小さじ½
・片栗粉 大さじ2

<タレ>
・ねぎ 15cm
・しょうが 1/2片
・しょうゆ 大さじ3
・酢 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・ごま油 大さじ1

・お好みの薬味(大葉、みょうが、細ねぎなど) 適量

手順
1. むね肉は皮を除き、麺棒で軽くたたいて一口大に切る
2. ボウルに肉を入れ、塩、片栗粉を加えて揉みこむ
3. 鍋に湯をわかし、弱火にして肉を入れ、そのまま10分加熱する
4. 氷水にあげて冷やし、水気を切っておく
5. ねぎ、しょうがはみじん切りにしてタレの材料をすべて合わせて混ぜる
6. 鶏にお好みで薬味をトッピングし、タレをかけたら完成

(以上、出典先:Youtubeより抜粋)

実際に作ってみた

今回も特にレシピから逸脱するようなことはなく、というよりも逸脱しようがなくそのまま調理しました。
調理上で気を付けるべき点は鶏肉を茹でるとき、常に弱火にしておくこと。
片栗粉を揉みこんでいるとはいえ、火を通し過ぎるとやっぱり肉が固くなると思います。
今回は火の通し過ぎ予防のため、「少し弱いかな」っと思うくらいの弱火で調理しました。
また、薬味が少ないと寂しいかなあと思い、大葉3枚、ミョウガ2本、鶏肉の下に敷く野菜としてレタスを用意しました。

さて、試食です。
まずは主役の鶏肉。
鶏に揉みこんだ片栗粉が熱湯の中で固まって、鶏肉が薄い膜で覆われているような仕上がりです。
光が当たると水晶の破片のようにキラキラ光ります
味見で一つ摘み食いをしたのですが、氷水で冷やしていたこともあるのか、冷たくてツルンとした舌触りがして楽しい食感でした。
そしてそんな食感の鶏肉にタレが加わると、酸味が加わってとてもさっぱりとした涼しげな味にまとまりました。
でも、やっぱりこれだけだと食べたとき寂しいんですよね。
そこで、たっぷりの薬味と一緒に食べたら、味はもとよりみょうがの触感と大葉の香りで変化が出て立派なおかずとして成長しました。
やっぱり薬味は多めに用意して正解でしたね。

ご飯のおかずとしてもいいとは思うのですが、タレの濃さなどから考えるとそうめんなどの具とスープにする方がより美味くまとまるような気がします。
その時も薬味の用意を忘れないように。
特にみょうがはオススメです。

まとめ

このレシピはツルっとした食感や軽めの酸味など夏バテ等で食欲が出ないときにピッタリ。
タレにあまり癖がないので、薬味をいろいろと試せると思います。
冷たい麺と合わせるなら、オクラも薬味に使ってみるのもいいかもしれません。
是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

-お肉料理

執筆者:

関連記事

リピ確定の簡単レシピ!鶏むね肉のバター焼きの作り方とは

SPONSORED LINK 塩、コショウだけでもスパイシーなレシピ スパイシーと言えばカレーなど数種類のスパイスを使った料理を思い受けべる方が多いのではないでしょうか? しかし、特に単身世帯で多数の …

手羽元と大根を炊飯器で炊く「鶏肉と大根のとろとろ煮」は手軽な和食レシピ!

SPONSORED LINK 今回は手羽元と大根を炊飯器で炊くだけで出来る 「鶏肉と大根のとろとろ煮」 を作ってみました。 箸で摘まむと骨から 「ほろっ」 と外れる鶏肉と味の染みた大根がリピ確定にする …

簡単レシピ!辛いけど後味サッパリの『チンして豚ナス』はバテ気味の時に御薦め♪

SPONSORED LINK 手抜きっぽい手順なのに、味もボリュームも◎のレシピ 今回は豚バラ肉となすを使って『チンして豚ナス』を作ってみました。 コンロもフライパンも使用しない電子レンジレシピ! 一 …

簡単レシピ!鶏もも肉を使って一気に電子レンジで作り上げる『チンして酢鶏』の作り方

SPONSORED LINK すき焼きのタレを使って「酢鶏」を作る 今回はこってり、サッパリの酢鶏を電子レンジで調理する『チンして酢鶏』を作ってみました。 材料を耐熱ボウルに全部放り込んで電子レンジで …

簡単レシピ!ガッツリ系の外面だけど、これなら一緒に野菜も摂れる『ローリング豚ボール』

SPONSORED LINK たまには野菜を取りたいけれど、肉は外したくないというならこのメニュー! 前々から気がついてはいたのですが、このブログ、肉料理がやたら多いです・・・。 管理人の趣味も色濃く …

サイト内検索