孤高のレシピ

~おひとりさま・小家族のためのお品書き控え~

お肉料理

レバーが苦手でも鶏むね肉を使ってレバニラ風もやし炒め!

投稿日:

SPONSORED LINK

今回は鶏むね肉をレバーの代わりにした

「鶏むね肉のレバニラ風もやし炒め」

を作ってみました。

レバニラ炒めは栄養価も高く美味しいのですが、レバーの下処理など一人暮らしの食卓には少し面倒ごとが多いメニューですよね。

でも、なぜか思い出したように無性に食べたくなる「レバニラ炒め」のあの味。

だったら、下処理が簡単な食材を使用して、味付けを「レバニラ炒め」にしてしまえばいいわけですよ。

そこでレバーの代わりに白羽の矢が立ったのは「鶏むね肉」。

鶏むね肉は味が淡白ですが、それゆえにレバニラ炒めのあの味がしっかり染まりやすい食材です。

手軽にレバニラ風味を味わいたいときにはお薦めのレシピですよ!


出典:Youtube

レシピ

食材&手順

■材料 (2人分)
・鶏むね肉    1/2枚(150g)
・もやし     1袋
・ニラ      1/2束
・塩こしょう   少々
・おろししょうが 小さじ1/2
・片栗粉     大さじ1と1/2
・おろしにんにく 小さじ1/2
・ごま油     大さじ2
☆調味料
・酒       大さじ1
・砂糖      小さじ1
・しょうゆ    大さじ1と1/2

■手順
⑴ ニラは4cm幅に切る。
⑵ 鶏肉は食べやすい大きさにそぎ切りにする。ボウルに入れて、塩こしょう、おろししょうがを加えて揉み込み、片栗粉をまぶす。
⑶ フライパンに半量のごま油(大さじ1)を入れて熱し、もやし、ニラを入れてさっと油が回るまで炒めて取り出す。
⑷ フライパンに残りのごま油(大さじ1)を入れて熱し、鶏肉、おろしにんにくを入れて中火で炒める。肉の色が変わったら☆を入れて、とろみがつくまで炒める。もやし、ニラを戻し入れて混ぜながらさっと炒める。

(以上、出典先:Youtubeより抜粋)

実際に作ってみた

今回も動画元レシピの材料と手順を変更せずにそのまま作ってみました。

使用する調味料は各家庭のキッチンに常備されているようなものばかりで、特に困ることはないと思います。

おろししょうがとおろしにんにくはチューブのものを使用しました。

風味にこだわりたい方はやっぱり生のしょうがやにんにくをすりおろした方がよいと思います。

それでは実際の手順を見ていきましょう。

  1. 下ごしらえをします。
    ニラは4cm幅、鶏むね肉は食べやすい大きさ(今回はレバーに近い大きさにしました)にそぎ切りにします。
  2. そぎ切りにした鶏むね肉をボウルに入れて、塩こしょう、おろししょうがを加えてよく揉み込み、片栗粉をまぶします。
  3. フライパンに大さじ1のごま油を入れて熱し、もやし、切り分けたニラをさっと油が回るくらいまで炒めて、すぐに取り出します。
  4. 同じフライパンにもう一度大さじ1のごま油を入れて中火で熱し、おろしにんにくと片栗粉をまぶした鶏むね肉を入れて炒めます。
  5. 鶏むね肉の色が変わったところで酒、砂糖、しょうゆを加えて、とろみがついてきたら、炒めておいたもやしをニラを戻し入れてさっと混ぜ炒めます。
  6. 盛り付け用の器に盛って完成です。

実際に作った完成品はこちら↓

実際に食べてみた

見た目は本当のレバニラ炒めとそんなに変わりません。

鶏むね肉を使用しているので、肉だけ少し明るめの色合いになるくらいでしょうか。

香りもニラとにんにくがしっかり立っていて食欲をそそります。

味の方はと言いますと、結構あっさりしています。

ご飯のおかずにはちょうどいいですが、ビールなどのおつまみとしてはもう少しパンチが欲しいところです。

具体的には少し辛味が欲しいですね。

軽く味を締めるだけならば輪切り唐辛子で十分です。

味に深みや厚みを持たせるならば、オイスターソースに若干の豆板醤を加えることをお薦めします。

というよりも、本格的なレバニラ炒めを目指すならばオイスターソースを入れたいところですよね。

今回のレシピはあくまでも「レバニラ風」。

最小限の調味料だけで仕上げているので、これをベースに味を足してオリジナルの味付けにしてもよいと思います。

鶏むね肉ですが、まぶした片栗粉が鶏むね肉の水分を補完しているとともに調味料をうまく吸い込んでくれています。

しっとり柔らかく、そしてしっかり味が回っていますね。

レバーとは食感が違いますし、なによりクセがないので、人によっては鶏むね肉の方が食べやすいといわれる方もいるしょう。

作る側としてはレバーより下ごしらえが手軽で、食欲そそるレバニラの味を損なうことなく、食べ応えもあり、財布にも優しいとくれば使わない手はありません。

むしろ、こちらをメインで作りたいくらいです。

丼にしておいしいと思いますよ。

まとめ

今回は鶏むね肉を使用して「鶏むね肉のレバニラ風もやし炒め」を作ってみました。

レバーそのものに抵抗のある人はもちろん、短い調理時間でレバニラの味を楽しみたい方にはお薦めのレシピです。

野菜もしっかり摂れますし、カロリー控えめの炒め物としても活用できると思います。

是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

-お肉料理
-, , , ,

執筆者:

関連記事

簡単レシピ!豚バラ肉とキャベツをレンチンするだけの「豚バラキャベツのだんだん蒸し」

SPONSORED LINK 電子レンジで手軽にメインを張れる蒸しものメニューを作ってみた 今回は豚バラ肉とキャベツを使って、メインを張れる蒸しものメニュー「豚バラキャベツのだんだん蒸し」を作ってみま …

簡単レシピ!山椒をしっかり効かせて豚バラブロック肉を焼き上げた『豚バラ山椒焼き』

SPONSORED LINK 豚バラブロック肉で豪快料理 今回は豚バラブロック肉と山椒を使って『豚バラ山椒焼き』を作ってみました。 すき焼きのタレに山椒を混ぜた「漬けダレ」に、豚バラブロック肉を丸ごと …

簡単節約レシピ!後味サッパリのねぎだく豚の竜田揚げの作り方

SPONSORED LINK 節約レシピとの食材いえば「豚のこま切れ肉」 節約レシピの食材といえば「もやし」、「鶏胸肉」、そして「豚こま切れ肉」。 今回は「豚こま切れ肉」を使って「ねぎだく豚の竜田揚げ …

簡単レシピ!白米はいつもの2倍用意してほしい「豚肉のにんにく照り焼き」

SPONSORED LINK このメニューを作るときは白米をいつもの2倍用意すること! 今回は白米の大量消費必至メニュー「豚肉のにんにく照り焼き」を作ってみました。 肉好きの方なら皆さん納得していただ …

王道の甘辛ダレで『鶏の照り焼き丼』を作ってみた!

SPONSORED LINK 今回は隠し玉無しの甘辛ダレで『鶏の照り焼き丼』を作ってみました。 トッピングの温泉卵に頼らなくても目一杯美味しい『鶏の照り焼き丼』です。 (温玉を乗せればもっとおいしくな …

サイト内検索