孤高のレシピ

~おひとりさま・小家族のためのお品書き控え~

お肉料理

簡単レシピ!チーズ好きなら試してほしい「チーズタッカルビ」

投稿日:

SPONSORED LINK

カロリー無視で食べたいレシピ

今回はカロリー無視で楽しみたい韓国料理「チーズタッカルビ」!

選んだ理由ですか?

完全に趣味です!!

「チーズたっぷり」という時点で決めました。
もう間違いなく美味いですよ。このレシピは。
早速作ってみましょう!!!

出典:Youtube

レシピ

食材

(2人分)
・鶏もも肉    1枚
・キャベツ    2~3枚
・玉ねぎ     1/4個
・じゃがいも   1個
・ごま油     大さじ1/2
・ピザ用チーズ  適量

☆コチュジャン  大さじ2
☆酒     大さじ2
☆砂糖     大さじ1
☆しょうゆ    大さじ2
☆おろししょうが 小さじ1
☆一味唐辛子   小さじ1/2

手順
1. 鶏もも肉は一口大に切る
2. ボウルに鶏肉を入れ、☆を加えてよく混ぜて10分程度置いておく
3. キャベツはざく切り、玉ねぎとじゃがいもは薄切りにし、じゃがいもは5分水にさらして水気を切っておく
4. フライパンにごま油を入れて熱し、じゃがいも、玉ねぎ、キャベツ、鶏肉を入れて炒める
5. 全体が混ざったらふたをして途中混ぜながら中火で10分ほど蒸し焼きにする
6. チーズを散らし、再度ふたをして弱火にかけ、チーズが溶けたら完成

(以上、出典先:Youtubeより抜粋)

実際に作ってみた

今回も材料、分量、手順は概ねレシピのままです。
ただし、動画を見ていてチーズの量に少し不満が・・・・
なので、チーズだけは動画よりもはるかに増やしております。
「チーズダッカルビ」というくらいですから、やっぱりチーズは多めでしょ!
それでは手順を追っていきましょう。

  1. 鶏もも肉を一口大に切ります。
    このとき皮の裏や淵についている余分な脂はすべて取り除いておきましょう。
  2. ボウルにコチュジャン、酒、砂糖、しょうゆ、おろししょうが、一味唐辛子を入れてよくかき混ぜてから、鶏肉を入れて揉みこんだ後10分程度置いておきます。
    先に合わせ調味料を作ってから鶏肉を入れたのは、合わせ調味料の味が均一に鶏肉へ染み込むと思ったからです。
  3. キャベツ、玉ねぎ、ジャガイモの野菜を切っていきます。
    ここはレシピ通りにキャベツはざく切り、玉ネギとじゃがいもは薄切りです。
  4. フライパンでごま油を熱したら、じゃがいも、玉ねぎ、キャベツの順に入れています。
    野菜を入れ終えたらボウルで漬け込んだ鶏肉をタレごと全てフライパンに入れて炒めます。
  5. 全体が混ざったら蓋をして中火で10分ほど蒸し焼きにします。
    途中、フライパンの中の様子を見つつ、かき混ぜて下さい。
    水気が多いようなら軽く飛ばしましょうね。
  6. レシピでは「チーズを散らし・・・」とありますが、今回はフライパンの真ん中をあけて、そこにチーズを「ドド~ン!!」と入れてやりました。
    いれたチーズの量は一掴み半といったところでしょうか。
    はっきり言ってカロリーは無視してます。
    チーズを入れたら蓋をして弱火でチーズが溶けるまで火にかけます。
    チーズが溶けたら完成です。

さて、試食です。
出来上った外観はさながらチーズフォンデュのようです。
フライパンの真ん中にチーズが横たわり、その周りをコチュジャン色に染まった鶏肉と野菜がぐるっと周りを囲んでいます。
そんな光景を見つつ、早速肉を箸を付けます。
まずはチーズを付けずに食べてみると、見た目ほど辛くないです。
煮込んでいるわけでもないのに野菜の甘みがしっかりと出ているのか、辛さの中にしっかりと甘さがあります。
このまま丼の具にしてしまってもいいくらい味のバランスがいいですね。
野菜もしっかり味が染みわたっていてこれまた美味い。
ご飯とも合います。
もし余ったら、次の日に丼の具にすること決定ですね。

次は鶏肉にチーズをたっぷりつけて食べてみます。
チーズのコクがプラスされて、これは文句なしに美味いです。
やっぱりチーズはケチっちゃダメです。
一口、一口の満足感が半端ない!
チーズをプラスすると、ご飯以外にもパンやパスタの具でもいけますよ。
パンならピザトーストならぬ、タッカルビトーストですね。
味に関しては言うこと無しですから、あとは肉などを変えてもこのクオリティが保てるかどうか。
鶏肉の代わりに豚肉を使ったらどうなるんでしょうね。
是非試してみたいです。

まとめ

今回は韓国で人気の出たレシピを取り上げてみました。
このレシピは食べて納得です。
文句なくうまい!
元々は鍋料理だったものらしく、具材もいろいろ入れていいみたいです。
カロリー面はともかく、栄養面はかなりコントロールが効きそうです。
是非試してみてくださいね!

スポンサーリンク

-お肉料理

執筆者:

関連記事

簡単レシピ!時間はかかるが、それだけの価値はある「鶏もも肉とこんにゃくのコク味噌煮」

SPONSORED LINK モツが苦手でも鶏を使えば土手煮が楽しめる 今回は火にかける時間が少し長いですが、それだけの価値を実感できる「鶏もも肉とこんにゃくのコク味噌煮」を作ってみました。 所謂「土 …

簡単レシピ!ピリッと山椒を効かせた鶏ムネ肉の山賊焼きの作り方

SPONSORED LINK 普通はもも肉を使う山賊焼き 今回はご当地グルメで名高い「山賊焼き」! 普通、山賊焼きといえば「鶏もも肉」を使用するらしいのですが、今回は「鶏胸肉」を使用します。 さらに味 …

簡単レシピ!「豚バラミルフィーユ丼」のカツは箸で切れるほど柔らかい!

SPONSORED LINK 豚バラ肉の柔らかさとサクッとした衣の食感がたまらない! 今回は豚バラ薄切り肉を重ねて焼きあげる「豚バラミルフィーユ丼」を作ってみました。 卵、小麦粉の代わりにマヨネーズを …

簡単レシピ!野菜は残り物でOKのバタポン豚肉炒めの作り方

SPONSORED LINK バターとポン酢は相性がいいのか このブログを書くようになってから醤油とバターの消費量が多くなりました。 少し前まではバターを買っても期間冷蔵庫で眠らせていることが多く、結 …

簡単レシピ!豚バラ肉とチーズだけで作るカロリー度外視『ブタッカルビ』の作り方

SPONSORED LINK 野菜を使わず、豚バラ肉とチーズだけで作るガッツリ系メニュー 今回は、以前電子レンジで作った「チーズ豚ッカルビ」を、スキレットやフライパンに変えて『ブタッカルビ』を作ってみ …

サイト内検索