孤高のレシピ

~おひとりさま・小家族のためのお品書き控え~

パスタ

だれウマさんのレシピ「極ツナパスタ」は味変からが本番!そのうまさがヤバ過ぎた!

投稿日:

SPONSORED LINK

今回は料理研究家だれウマさんが公式Youtubeチャンネルで配信された「極ツナパスタ」を作ってみました。

だれウマさん渾身のパスタレシピで「安い・旨い・早い」を体現した一皿です。
見た目がクリーミーパスタに見えるのですが、生クリームは一切使われていません。
使われる材料は独身世帯なら大抵常備されているようなものばかりなのも魅力の一つ。

しかし、この「極ツナパスタ」。
真の実力は味変にありました。

これを確かめるだけでも作ってみる価値のあるパスタレシピですよ。

 

「極ツナパスタ」のレシピ

以下はだれウマさんのレシピ動画とそこに掲載されていた材料です。

材料(1人前)
オリーブオイル 大さじ1
バター 10g
玉ねぎ(微塵切り) 1/2個
塩 ひとつまみ
ニンニク(微塵切り) 1片
ツナ缶 1缶
水 350ml
パスタ 100g
塩昆布 5g
めんつゆ(2倍タイプ) 大さじ1
マヨネーズ 大さじ1

引用:Youtubeチャンネル だれウマ【料理研究家】

実際に作ってみた

実際にだれウマさんの動画を見ながら、できる限り忠実に作ってみました。
だれウマさんの手順を書き起こしましたので作るときは参考にしてくださいね。

  1. 玉ねぎ、にんにくはみじん切りにします。
    にんにくは焦げやすいので、中のにんにく芽は取り除きましょう。
  2. フライパンにオリーブオイル、バター、刻んだ玉ねぎ、塩一つまみを入れて弱火で加熱する。
    玉ねぎが薄く色付くまで加熱しましょう。
  3. 玉ねぎが色付いてきたら、にんにくを加えて、じっくり炒めましょう。
  4. 玉ねぎが色付きが強くなってきたら、大さじ1づつ水を加えて、玉ねぎが飴色になるまで炒めましょう。
  5. 玉ねぎが飴色になったら、ツナ缶を汁ごと加えて軽く炒め合わせます。
  6. ツナ缶の汁気が飛んだら、水を加えます。
  7. 水を入れたら、フライパンについた焦げをこそげ取りながら中火で茹で汁を沸かします。
  8. ゆで汁が沸騰したら、塩昆布、パスタを入れます。
  9. 時々、パスタ同士がくっつかないようにパスタを揺らしてやります。
  10. パスタの水分がなくなれば、火を消して麺つゆ、マヨネーズを加えてさっと和えます。
  11. 皿の上に盛り付けて完成です。

 

気を付けなければいけないのは、玉ねぎを焦がさないことですね。
玉ねぎが色付いてから焦げるまでの間が結構短いんです。
手順4の差し水は重要なので落とさないようにしましょう。
水を入れ過ぎたらと心配している方、大丈夫です。
リュウジさんではないですが、入れ過ぎた水は蒸発されせればいいのです。
水が足りなければ足せばいい。
美味しくすることだけに注力しましょう。

実際に食べてみた

パっと見は「生クリーム使ったの?」って感じなのですが、マヨネーズなんですよね。
香りの方は際立ったものはありません。
自分で作ったものはほんのりバターの香りがする程度です。

で、一口食べてみると旨みがすごい。
旨みの塊ですね、このパスタ。
そして、とてもやさしい味。
お子さんがいらっしゃるなら、絶対に喜んでもらえる味です。
チーズをふって、このままオーブンで焦げ目をつけたら、極上のパスタグラタンでも通用します。
具のツナが食感のアクセントになっているので単にパスタをすすっているような感じにはなりません。
でも、ちょっと旨みが強すぎて、味の輪郭がぼやけているような感じがするんですよね。
塩分が一つまみの塩と塩昆布だけですから、そのあたりが影響しているみたいです。

そこで味変!
だれウマさんのおススメはレモンと柚子胡椒です。
そこでレモンを試していることにしました。
レモンと言ってもレモン汁(ポッカレモン)です。
ティースプーンに一杯のレモン汁をパスタの一部にかけて口に運んでみました。
もう、別物の味です!
コクと旨みはそのままに、味の輪郭がしっかりしていて後味が爽やか!
最初からこれで食べたい。
「塩分控えめ」みたいなことを前述しましたが、減塩が必要な方にはこのパスタはおススメです。
「濃い味」と「しっかりとした味」は似て非なるものですが、味変で変貌したこのパスタはまさに「しっかりとした味」です。
レモン汁を用意できそうにない方は黒胡椒でもよいと思います。
レモンのような爽やかさは期待できませんが、味の輪郭はしっかりしますよ。
パスタ料理のお好きな方はきっと満足、そしてリピートしてくれると思います。

まとめ

今回はだれウマさんの「極ツナパスタ」を作ってみました。

調理中に気を付けることは玉ねぎの扱い方だけ。
材料費も一人前150~200円くらいでとても安く、うまさは前述の通り。
ワンパンレシピなので手早く作れて後片付けも簡単。
作らない手はないパスタレシピです。
その際はレモン汁の用意を忘れずに。
笑いがこみ上げるほど味が激変します、しかも良い方向に!

今回はおススメ味変の柚子胡椒を切らしていたので試せませんでしたが、冷蔵庫にあるよって方が是非試してみてください。

スポンサーリンク

-パスタ
-, , ,

執筆者:

関連記事

簡単レシピ!夜食にも便利なワンポットでなすとベーコンのトマトパスタ

SPONSORED LINK ワンポット、15分ほどで出来上がりの簡単パスタ 一度覚えたら何度でも使いたくなるワンポットパスタ。 作るのも、片づけるのも、とにかく楽チン。 基本的に材料を鍋に入れていく …

懐かしのナポリタンを簡単にふっくら仕上げる

SPONSORED LINK ナポリタンは不意に食べたくなるパスタ 日本人だからなのか、なぜか急にナポリタンが食べたくなる時がありませんか? ケチャップの香りとモッチリしたパスタ。 あわせて読みたい記 …

簡単レシピ!サバ缶を使ってお洒落なトマトソースパスタ『さば缶でコクうまトマトパスタ』

SPONSORED LINK サバ缶を使ってお洒落パスタを作ってみる 今回はトマトソースとサバ味噌煮缶を組み合わせて濃厚具だくさんの『さば缶でコクうまトマトパスタ』を作ってみました。 以前「サバ味噌バ …

簡単レシピ!カロリー無視のチーズに絡めて食べる「 焼きナポリタン」を食べてみた!

SPONSORED LINK 見た瞬間に「おいしい!」とわかるメニュー! 今回は既に複数の動画で作り方が紹介されている「焼きナポリタン」を作ってみました。 「なぜ今まで『焼きナポリタン』取り上げなかっ …

お手軽ワンポットパスタで根強い人気のボロネーゼ

SPONSORED LINK 根強い人気のボロネーゼ パスタの人気ランキングでは常に上位をキープしている「ボロネーゼ」。 日本では「ミートソース」の名でよく知られているひき肉を使ったパスタ。 レトルト …

サイト内検索