孤高のレシピ

~おひとりさま・小家族のためのお品書き控え~

おつまみ お肉料理 アレンジ 和食

簡単レシピ!作り置きできるコクうま惣菜『豚バラ肉とれんこんのピリ辛きんぴら』の作り方

投稿日:2018年3月3日 更新日:

SPONSORED LINK

お弁当、おつまみ、もう一品欲しいときに大活躍の作り置き惣菜

今回は作り置き惣菜『 豚バラ肉とれんこんのピリ辛きんぴら』を作ってみました。

きんぴらといえば、味付けは醤油みりん砂糖唐辛子にレシピによっては顆粒だしとある程度決まってはいるようですが、今回はコチュジャンを使用して甘辛、コクうまに仕上がっています。
たくさん作ってもすぐに

完売御礼!

になってしまいそうな作り置き惣菜ですよ。

出典:Youtube

レシピ

食材

(2〜4人分/15分)
・豚バラ薄切り肉:150g
・れんこん:200g
・片栗粉:適量
・ごま油:大さじ1杯
☆酒:小さじ2杯
☆みりん:小さじ2杯
☆砂糖:大さじ1杯
☆しょうゆ:小さじ2杯
☆コチュジャン:大さじ1杯

■下ごしらえ
豚バラ肉は5cm幅に切り、表面に薄く片栗粉をまぶします。

■作り方
①れんこんは3mm幅のいちょう切りにし、水に5分さらして水気を切ります。

②フライパンにごま油を引いて熱し、豚バラ肉を入れて中火で炒めます。

③肉の色が変わったられんこんを入れてさっと炒め、油がまわったら☆の調味料を加えます。水分がなくなるまで中火で炒めて完成です。清潔な保存容器に移してお好みでごまを振り、粗熱が取れたら冷蔵庫で保管します。※保存期間は冷蔵4日です。

■コツ・ポイント
豚バラ肉の表面に薄く片栗粉をまぶしておくと、調味料が絡みやすくなりますよ。コチュジャンがない場合は、代わりに豆板醤小さじ1杯を加えてもおいしく作れます!

(以上、出典先:Youtubeより抜粋)

実際に作ってみた

今回も動画元レシピの材料、手順をそのまま使って調理してみました。
れんこん手間なしの冷凍食品を使用しております。
スライス済みのれんこんだったため、若干厚みがありますが、その辺はご愛敬ということで。

それでは実際の手順を追っていきましょう。

  1. 下ごしらえをします。
    豚バラ肉5cm幅に切り分けて片栗粉を薄く、満遍なくまぶします
    生のれんこんを使用する場合は、3mm幅のいちょう切りにして水に5分くらいさらし水気を切ります
  2. フライパンにごま油をひいて熱し、片栗粉をまぶした豚バラ肉を入れて中火で炒めます。
  3. 豚バラ肉の色が変わったら、水気を切ったれんこんを入れてさっと炒め、油が回ったところで、クッキングペーパーなどで余分な油を吸い取ります
    油を吸い取る工程は動画元レシピに記載されていませんが、必要となりますので騙されたと思ってやってみてください。
    理由は後述します。
  4. 余分な油を吸い取ったら、みりん砂糖しょうゆコチュジャンを加えて、水分がなくなるまで中火で炒めて完成です。

実際に作った完成品はこちら↓

実際に作ってみた

今回は出来立てと1日置いたものをレビューしてみることにしました。

まずは出来立てからですが、甘辛の味が乗って

かなり美味い!

です。
どれくらい美味いかというと、丼にしたいくらい美味いです。
普通のきんぴらと比べて、かなりコクうま!
顆粒だしなんて要りません。
最近、コチュジャンを使うメニューを立て続けに作っていたのですが、その中でも

「コチュジャン、すげー!」

と強く感じる出来です。
普通のきんぴらよりも重みのある甘辛で、辛味に関しては丸みのある辛さです。
まさにコチュジャンの味ですね。
動画元レシピの「コツ・ポイント」にコチュジャンの代用として豆板醤をあげていますが、かなり味の趣が変わってしまうのではないでしょうか。

さて、次は1日置いた方ですね。
なぜ1日置いたレビュー書くのかというと、実は作るときに失敗していたことがここで露呈したからです。
手順3でクッキングペーパーで脂を取らなかったことでちょっと悲劇が・・・
冷蔵庫で保存していたら、油ギトギト状態になっていたんですよね。
しかもかなりギトギト・・・

お弁当に入れたり、温かいご飯に直接のせてしまえば、熱で脂が溶けて元通りなのですが、いきなりおつまみとして出すには抵抗があります。
これも調理中に出てきた脂を取ってやれば防げる話ですので、面倒かもしれませんが是非試してみてください。

そして、味の方がですが、1日置いただけあって旨味がアップしておりました。
具材への味の乗り具合や落ち着きなど格段に良くなっていましたよ
出来立てよりもさらに味に丸みがてて、箸が止まらなくなりました。
だから脂ギトギトが余計に悔やまれます
(試食したときは少しレンジで加熱しました)

まとめ

今回は豚バラ肉とれんこんにコチュジャンを加えた『 豚バラ肉とれんこんのピリ辛きんぴら』を作ってみました。
味に関しては申し分ないと思います。
後は脂取りというひと手間をかけるか、かけないか。
是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

-おつまみ, お肉料理, アレンジ, 和食
-, ,

執筆者:

関連記事

サーモンの臭みも安心のねぎ塩ダレで一味加えたお手軽丼の作り方

SPONSORED LINK 醤油もいいけど試してみると美味しかった! 今回はサーモンの刺身に一味加えた「旨辛ねぎ塩のサーモンユッケ丼」を作ってみました。 たまには定番の醤油&わさび以外でサーモンを食 …

簡単レシピ!ねぎまの材料である豚肉とねぎを串に刺さずに焼く『串なし焼きトン』

SPONSORED LINK 刺す手間もなければ、抜く手間もないねぎま 今回は豚バラ肉とねぎを使って「串無しねぎま」こと『串なし焼きトン』を作ってみました。 串に刺したネギまには串に刺しただけの味わい …

簡単レシピ!鶏ささみとねぎを和えた使い回し自在な『「ねぎだく鶏ささみ』を作ってみた。

SPONSORED LINK 一目見たとき、ただの「おつまみレシピ」では終わらない予感がしました 今回は鶏ささみとねぎを使って『ねぎだく鶏ささみ』を作ってみました。 この動画を一目見たとき、おかずやお …

簡単レシピ!電子レンジで鶏肉の代わりに豚バラ肉を使った「とろ〜りチーズの豚ッカルビ」

SPONSORED LINK この味を鶏肉だけに限定するのは勿体ない! 以前、「チーズタッカルビ」をこのブログでご紹介したのですが、今回はもっと簡単に、野菜がしっかり摂れて、豚バラ肉を使った「とろ〜り …

簡単レシピ!身体によし、懐によしの『豚ともやしのねぎソースがけ』

SPONSORED LINK 身体と懐にやさしいレシピ 今回のレシピは酢と豚こま肉を使用した「豚ともやしのねぎソースがけ」です。 酢と豚こま肉はバテ気味の体をいたわってくれ、豚こま肉ともやしは懐をいた …

サイト内検索