孤高のレシピ

~おひとりさま・小家族のためのお品書き控え~

お肉料理

王道の甘辛ダレで『鶏の照り焼き丼』を作ってみた!

投稿日:

SPONSORED LINK

今回は隠し玉無しの甘辛ダレで『鶏の照り焼き丼』を作ってみました。

トッピングの温泉卵に頼らなくても目一杯美味しい『鶏の照り焼き丼』です。
(温玉を乗せればもっとおいしくなるかもしれませんが・・・。)
作り方もいつも通りシンプルで、料理に苦手意識がある人でも難なく作れると思います。
大事なのは調味料の配分と肉の焼き加減だけ。

作ってみようと思い立った人は、まず動画とレシピを確認してみてくださいね。

出典:Youtube

レシピ

食材&手順

1人分
・鶏もも肉 1枚
・塩 少々
・こしょう 少々
・サラダ油 適量
・酒 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・しょうゆ 大さじ2
・みりん 大さじ1
・ご飯 丼1杯分
・きざみのり 適量
・万能ねぎ 適量

■作り方
1.鶏もも肉の両面にフォークでところどころに穴を開け、塩、こしょうをまぶす。
2.熱したフライパンにサラダ油をひき、1を皮目を下にして焼く。
3.裏返し、酒を加え、火が通るまで蒸し焼きする。
4.余分な油を拭き取り、砂糖、しょうゆ、みりんを加え、照りが出るまで煮詰める。
5.4を食べやすい大きさに切る。
6.丼にご飯を盛り、タレをかけ、5をのせる。
7.仕上げにきざみのり、小口切りした万能ねぎをかけて完成!
調理時間:20分

(以上、出典先:Youtubeより抜粋)

実際に作ってみた

今回も動画元レシピの材料はそのままにしています。
手順に関しては鶏もも肉の下ごしらえでどうしても気になるところがあったので、そこだけひと手間かけました。
といっても、鶏肉の皮と身の間についている余分な脂を取り除くだけなのですが。
あとは動画元の手順通りです、

それでは実際の手順を追っていきましょう。

  1. 鶏もも肉の下ごしらえをします。
    鶏もも肉は肉と皮の間についている余分な脂を取り除いて、両面にフォークでところどころに穴を開け、塩、こしょうをまぶします。
  2. 熱したフライパンにサラダ油をひき、下ごしらえをした鶏もも肉を皮目を下にして焼いていきます。
    焼き加減ですが、皮がきつね色になるまで焼いてやりましょう。
  3. 皮に焼き色がついたら裏返し、酒を加え、火が通るまで蒸し焼きにします。
  4. 余分な油をキッチンペーパーなどで拭き取り、砂糖、しょうゆ、みりんを加え、照りが出るまで煮詰めます。
    余分な脂は絶対にふき取ってくださいね。
    これだけで肉へのタレの絡み具合が全くと言ってよいほど違ってきます。
  5. タレがしっかり絡んだ鶏もも肉をフライパンから取り出して食べやすい大きさに切り分けます。
  6. 丼にご飯を盛り、フライパンに残っているタレをかけて、食べやすい大きさに切り分けた鶏もも肉をのせます。
  7. 仕上げにきざみのり、小口切りにした万能ねぎをかけて完成です。

実際に作った完成品はこちら↓

実際に食べてみた

見た目は完全に「ガッツリ」系の丼メニューです。
大抵のレシピでは温玉をトッピングするのですが、このレシピは温玉に頼らないところが良いですよね。

さて、味の方ですが、程よいこってり感のある甘辛ダレでしつこくありません。
見た目よりもあっさりしてますね。
これなら温玉に頼らなくても口の中がくどくならず、どんどん口に運んでいけます。
タレの肉の絡み具合もしっかりしていて、キッチンペーパーで脂をふき取ったひと手間が効いています。
タレ自体の味は醤油が強すぎることも、砂糖の甘みが強すぎることもありません。
あとはタレの煮詰め具合だけですね。
あまり煮詰めすぎてしまうと味が濃くなり過ぎてしまいますので、目安としてはたれに「照り」が出るくらいがよいのではないでしょうか。
濃度でいえば、ご飯にタレをかけたとき、べたっとせずにゆっくり染み込んでいくくらいだと思います。
逆に温玉を使いたい人は少し濃い目のタレに仕上げた方がよいかもしれませんね。

まとめ

今回は鶏もも肉を使って『鶏の照り焼き丼』を作ってみました。
シンプルなレシピだけに微妙な火加減などを要求されそうなイメージですが、慌てず、落ち着いて調理すれば問題ないと思います。
それでも心配な方は火加減を常に弱火で調理してみてください。
時間的な余裕ができてその場、その場の対応がしやすくなると思います。
是非試してみてくださいね!

スポンサーリンク

-お肉料理,
-, ,

執筆者:

関連記事

簡単レシピ!ボリューム満点!鶏もも肉丸ごと1枚使った漢飯『炊飯豪快とりめし』の作り方

SPONSORED LINK キムチチャーパンと鶏もも肉が一度に食べられるレシピ 今回はお腹が減っているときにガッツリ食べられる『炊飯豪快とりめし』を作ってみました。 主な材料が、コメ、鶏もも肉、キム …

簡単レシピ!外はカリカリ、中はモチモチの食感がたまらない『カリカリ鶏皮のネギ攻め』

SPONSORED LINK 揚げ焼きした鶏皮は絶対美味いです! 鶏皮が苦手な方、ごめんなさい。 でも、動画を見たときどうしても作って食べたくなってしまったんです、『カリカリ鶏皮のネギ攻め』! 居酒屋 …

簡単レシピ!豚ロース肉でも作れる台湾の駅弁『排骨飯(パイクゥファン)風』

SPONSORED LINK これ、台湾の駅弁なんですか? 実は私事ですが、ここのところあまり食が進まなく、何かこう食欲をそそるようなメニューを探していて見つけたのが台湾の駅弁「排骨飯」。 本来の「排 …

簡単レシピ!いつもの照り焼きに胡麻の香りをプラスして「鶏肉のごま照り焼き」

SPONSORED LINK 今回は鶏もも肉でごま照り焼き 以前、「鶏胸肉のごま照り焼き丼」をご紹介したのですが、今回は鶏もも肉を使って「鶏肉のごま照り焼き」を作ってみました。 「鶏胸肉のごま照り焼き …

トマト味のガッツリメニューが食べたいときは『マスタードガリチキ野郎』を試してみて!

SPONSORED LINK トマトソースが無くても、しっかりトマト味を楽しめるメニュー 今回はケチャップとバターの濃厚ソースを鶏もも肉に絡める『マスタードガリチキ野郎』を作ってみました。 初見で白米 …

サイト内検索